小論文にお困りの方に


 合格ポイント・減点ポイントを知り尽くした小論文指導の 吾輩は猫!(通称:ワガネコ) です。小論文を使う試験って結構ありますよね。

  大学、大学院、看護公務員、就職試験……。でもきちんと教わったことがなく、どう勉強したらいいか?何が合格の基準か?(何が良い小論文か?)分からないという人が大多数だと思います。

 そこで小論文指導のプロ・ワガネコが小論文講座を、学生だけでなく忙しい社会人のために立ち上げました。

指導可能な小論文 大学、大学院、医療看護系大学・専門学校、就職試験など

*先着7名残り2名。丁寧な指導のため指導人数を限定しています。

 

小論文とは?

①なぜ小論文がでるのか?/小論文とは?

.

②何が小論文の採点ポイントか?

.

.

③対策はどうしたら?参考書、添削の受講 など

#

#

ワガネコ塾の特色

①対話指導による受講者の潜在的な能力の発見と小論文力のアップ

・ZOOMによる対話指導によって、受講者の潜在的な能力を最大限、引き出します。

・文字のみによる添削指導だけでも、形式的に整った文章は書けるようにはなりますが、自分の潜在能力を小論文に反映させるのは、なかなか難しいものです。

・しかし、自分ではなかなか気づけないが、小論文に生かせる生活経験、知的関心をあなたは持っているはずです。

・たとえば、日頃の仕事や学校での経験、街で見たこと、最近のニュース、過去に読んだ本で薄々感じたり、考えていること。これらすべてが小論文の素材となりえます。問題はこれらの素材を引き出し、小論文に反映させる技術がないために無駄になっているのです。

・それをワガネコは受講者との「対話」によって引き出します。これは何も新しいことではなく、2500年も前から哲学元祖のソクラテスが実践していたことです。ワガネコはあなたの最高の対話者として、あなたの実力を高めます。

・そして、このオーソドックスな方法が最短の実力養成を可能にします。

対話による柔軟で最適な指導プログラムの組み立て

・受講者との対話によって何をいつまでにやるべきか把握し、受講者に最適な学習プログラムを柔軟に組んでいきます。

・たとえば、文法的に正しい文章作成のスキルが未熟だと判断すれば、すぐに正しい文章を書くようなプログラムに変更します。あるいは指示した文献を読んでいただくこともあります。さらに入試は小論文だけが重要とは限りません。受講者と話していて、志願書が入試のカギだと分かれば、そちらをまずいっしょに作成します。

・こうした柔軟で最適な学習プログラムは、受講者との対話を取り入れているからこそできる指導です。

講師:吾輩は猫!(ワガネコ)

.

指導手順:

STEP1:相談(60分、無料)

①下記のフォームから 受験先名、試験日、指導してもらいたい内容、質問をお送りください。

②こちらか2日以内に返信し、ZOOM日程を決めます。

③相談後、受講をご希望の方は講座期間、内容を決め、銀行口座にお振込みいただき、初回講座スタートです。

料金表はこちら

STEP2:講座開始

①課題内容を〆切までに作成・送付してください。3日以内を目途に添削して返却します。

②ZOOMで添削内容を説明し、改善点をアドバイスします。また次回の課題、〆切を(約60分)決め、終了です。

*以降、基本的にはこの繰り返しです。

.

お申込み・お問い合わせは

ここをクリック

または

☎ 0263‐88-8231

電話を取れない場合もありますが、留守電に要件を入れていただければあとでお電話いたします。

特定商取引法に基づく表記

プライバシーポリシー